リンパ系について

リンパ系(Lymphatic System) は、リンパ液・リンパ管・リンパ節・リンパ球などと、それらの働きの総称。

リンパ液リンパ(Lymph)とも呼ばれ、細胞間を流れる「間質リンパ(細胞間質液・組織間液)」と、間質リンパが毛細リンパ管から入ってリンパ管の中を流れる「管内リンパ」に分けられる。

広義のリンパ液は間質リンパと管内リンパの両方 をいい、狭義のリンパ液は管内リンパのみをいう。

リンパ液は、細胞や毛細血管から浸み出た透明な淡黄色で弱アルカリ性の液体で、血液の成分である血漿(けっしょう)と ほとんど同じ組成だが、血漿に比べてタンパク質が少なくリンパ球などの白血球を多く含む。

リンパ管 は、血管(動脈・静脈)とは別の循環器管の一つとして、静脈に沿って全身に張り巡らされている。

リンパ管は静脈とよく似た構造で、逆流を防ぐ弁が付いている。リンパ液は、血液のように心臓のポンプ作用で体内を流れるのではなく、骨格筋など筋肉の動きで流れる。また手技療法など外部からの刺激や、心身のリラクゼーションによっても流れが促進される。

リンパ管は、全身の皮膚直下から始まり、間質リンパを吸収しながら毛細リンパ管を経て、皮下組織の深部にある集合リンパ管から順に太いリンパ管につながる。

リンパ管は、静脈と違い心臓を通らず、手足など体の末端から体の各部位に向けて合流しながら、最後にリンパ本幹(ほんかん)(主幹)となり、静脈に合流する。

左右の下半身と左上半身のリンパ管は左リンパ本幹(胸管)に合流し、左静脈角(じょうみゃくかく)(左鎖骨下静脈と左内頸静脈の合流部)で静脈に合流する。

右上半身のリンパ管は右リンパ本幹に合流し、右静脈角で静脈に合流する。

左右とも最後に必ず頸部のリンパ節群を通ってから静脈角に入る。

リンパ節
リンパ管の途中の大きな合流部は、豆状で直径2mm~3cmの大小様々なリンパ節リンパ腺)が、芋づる状にリンパ節群をなしている。

リンパ節は全身に400~700個ある。主なリンパ節群は、鼠径部(そけいぶ)、腋窩部(えきかぶ)、頚部(けいぶ)、耳下腺、耳介後、後頭部、顎下、鎖骨下、胸部、腰部、骨盤部、腹部、などに集中している。

リンパ液とリンパ管は、必ず どこかのリンパ節を通る。

代謝作用
リンパ液は、身体に不要なタンパク成分などの老廃物や死滅した細胞などを回収しながら、リンパ管で運ばれ、必ず各部のリンパ節で濾過(ろか)・分解されてから、静脈に合流する「代謝作用」を行う。

免疫作用
またリンパ液は、身体に有害な 細菌などの異物を各部のリンパ節に運び、B細胞(Bリンパ球)が出す抗体(こうたい)やT細胞(Tリンパ球)などが、 攻撃・取込・中和・分解する「免疫作用」を行う。

免疫作用が多く行われているときには、リンパ節が腫(は)れたり、熱が上がったり、痛みを生じたりする(炎症が起きる)。

脂肪酸や脂質を静脈に運ぶ働き
半数以上のリンパ節(リンパ腺)が、腹部に集中する。腹部のリンパ液は、「脂肪酸や脂質を静脈に運ぶ働き」もする。

小腸の絨毛(じゅうもう)にある乳糜管(にゅうびかん)というリンパ管から吸収された脂肪酸や
脂質が混ざったリンパ液を乳糜(にゅうび)と呼ぶ。

腸リンパ本幹が乳糜を運び腰リンパ本幹と合流し、乳糜槽(にゅうびそう)というリンパ管になる。乳糜槽は上行して胸腔(きょうくう)に入り、左リンパ本幹(胸管)に合流し、乳糜を静脈に運び入れる

リンパドレナージュリンパドレナージ)法(Lymphatic Drainage リンパ排液法)

デンマーク出身でフランスの医師、エミール・ヴォッダー(Dr. Emil Vodder 1896~1986)によって、1936年に発表された、足・手・頭・顔など 体の末端から、リンパ管の流れに沿って行う 手技療法手技療法(しゅぎりょうほう)。

マニュアル リンパ ドレナージュ(Manual Lymphatic Drainage MLD)ともいう。

心臓のポンプ作用が効きにくく停滞しやすいリンパ管や静脈を手技で排出(Drain ドレーン)し、リンパ液や静脈の血液など体液循環の流れを促進する手法。

リンパドレナージュは本来は、リンパの流れの改善を第一目的とした、受け手に負担の少ない治療法のことだが、日本では、優しい リンパマッサージの手法の一つとして用いられることが多い。